Nゲージ

Nゲージ改造方法について語らせると
しゃべるしゃべる
以前からそうだと思っていたけど
趣味の工作を語らせると長い
ナンバープレートは、パソコンで作るし
色にもこだわり、金色のプリンタ用紙に黒で下地を印刷していた
なるほど金のインクはないもんね
考えるもんですね(^_-)-☆

屋根が長くなったり
塗装やディテールが変更されているだけで新作
キャブの側面ガラスがはめ込み式に変更がすごい→本当にネ(*_*;

7100→北海道初の蒸気機関車で、7100というより「弁慶」「義経」などの愛称のほうが有名です(^^♪

北海道のホームは行きよけのガラス越しの部屋がある
スキーの旅行で初めて北海道で汽車を待つ
吹雪の中を走る列車がかっこいい
写真を撮りたし、技術はないし
泣きました(――;)

北海道のイメージは炭鉱
トロッコ電車は動いていたのかな?

Nゲージはおとな
プラレールは子ども
最も違うのは、Nゲージはレールに電気が流れている
レールの電気は車輪を通じて機関車に入り
モーターを回したりライトを点灯させたりする

しかし通常、線路に直接触れても感電の心配はない
手が濡れていたりすると軽く電気を感じることがある
やはりそれはやめましょう。